展示会・見本市イベントを探す


展示会視察・見本市視察の海外出張旅行専門旅行会社ビジネストリップのコンセプト

ビジネストリップをご利用いただく、6つのメリット

Flexible

フットワークの良い専任スタッフがフレキシブルな対応を実現

経験豊富な専任スタッフがプロの視点から、お客様のニーズに最も合った出張プランをご提案致します。

Speedy

急なご出張手配も対応が可能

当日・翌日の出発もご相談下さい。
急な展示会への参加、出張の手配もスピーディー、且つフレキシブルに対応し全力でバックアップ致します。

Cost Down

経費削減のお手伝い

どの様にしたら出張コストの削減が図れるか?
スケジュール・最適なルートなどを考慮し、より経費を削減した、より効率の良いプランをご提案致します。

Network

旅のトータルコーディネートを可能にするネットワーク

出張先でのホテル・レンタカー・列車の手配など、グローバルなパートナーエージェントとのネットワークを駆使し、お客様のニーズにお応え致します。

Delivery

航空券等はオフィスまでお届け

チケットや出入国書類等はスタッフがお客様に直接お届け致します。遠方のお客様には無料にて発送致します。
(チケットのみメールでの対応もOK)

Payment

クレジットカードによるお支払いもOK

月末に一括でカード決済も可能です。
(別途、手配手数料を頂く場合もございます。)

詳細を見る

展示会視察・見本市視察など海外出張旅行はビジネストリップ

最新ニュース&トピックス

2017.10.18 NEW

羽田空港 日本人帰国要 顔認証ゲート導入

10月18日から、羽田空港で日本人の帰国手続用に
顔認証ゲートが3台導入される。日本人の帰国手続を
合理化して、より多くの審査官を外国人の入国審査に
充てることがねらい。
利用にあたっては、事前登録手続は不要だが、
IC旅券を持ち、身長が135cm以上で、1人で機械を
操作できることが条件となる。

今回導入される顔認証ゲートでは、旅券に内蔵された
ICチップに登録された顔の画像と、ゲートのカメラで
撮影した顔の画像を照合して本人確認を行う。

問題なく通過できれば、従来入国審査官から旅券に
受けていたスタンプが必要なくなる。
何らかの原因により本人確認を完了できない場合は、
従来通り審査ブースで帰国手続を受ける必要がある。

2017.10.18 NEW

マカオ 高額持込・持出の申告が義務化に 11月

11月01日より、マカオでは12万パタカ
(約180万円)以上の持込み・持出しをする
場合に申告が義務化されます。

・ 申告対象となるもの
現金、トラベラーズ・チェック、小切手、為替、
約束手形

・申告対象外
宝石、貴金属

申告手続きは、マカオ出入境時に「税関申告あり」の
赤色レーンに進み、申告用紙に記入・提出。

申告漏れが発覚した場合は、罰金が科せられます。
罰金額: 1,000パタカ(約1.5万円)
    〜最高50万パタカ(約750万円)

トランジットの短期滞在者は、申告不要です。

カジノをご利用される方など、ご注意ください。

2017.09.27

オーストリア 10月から覆面禁止法(マスクも含む)

2017.09.14

ウズベキスタン/ホテル等での料金支払いに関する注意喚起

2017.09.01

タイ 電子タバコは禁止されています

2017.08.30

ケニア ビニール袋使用禁止に

2017.08.21

マレーシアで宿泊者に「観光税」課税へ

2017.08.03

ホノルルでの歩きスマホ禁止 10月25日より

2017.07.31

フィリピン全土禁煙化実施

2017.07.31

台北 MRTで無料Wi-Fiの提供開始