NRF2020 オプショナルツアー
有識者による現地会場内視察ツアー&事後報告会

NRF2020概要

最新のリテールテクノロジー・リテールソリューションの見本市

 小売り業界における国際見本市なだけあり、前身のNRDGAから数えて2020年で109回目を数える歴史ある展示会。世界のリテール業者やコンサルティング企業が、最新のテクノロジーやソリューションの展示・発表で火花を散らす。その数は世界各国から800社の出展、40,000人近い来場者が見込まれている。リテールの原点は、店舗での売買であり、毎年、店舗での買い物体験を豊かにする技術の発表が展示会の目玉の一つ。と同時に、ネット上での売買が「普通」となった現代において、DX(デジタルトランスフォーメーション)をどう推進していくかという、未来のリテールの旗振りも担っている。

近年のNRF2020の特徴

最新テクノロジーによる買い物価値向上のためのDXの浸透に主眼。

  実店舗を通じた買い物の価値体験の向上、また世界的な人件費の高騰や人不足の流れを受けて、省人化や無人化のテクノロジーやソリューションが目立つ。近年ではセルフレジソリューションの展示は一般化し、無人返品端末も紹介されており、それに付随する顔画像認識技術も盛んなコンテンツ。また業務オペレーションを自動化するピッキングロボットや棚卸しロボット、巡回警備ロボットといったロボティクス、データ活用を支えるAIといった最新テクノロジーの小売りへの浸透が見どころ。

 

Amazonによって追いやられつつあるオールドエコノミーからの回避。

  近年の流れとして、実店舗を主体にした買い物体験価値の向上をどう突き詰めるのかということに主眼が置かれている。そのメガトレンドとも言える流れの中で、オムニチャネルの構築による生活者の囲い込み、AR・VRやスマートミラーを用いた商品のお試し、AIやクラウドを活用したパーソナライズされたリコメンデーションなどの製品や技術、ソリューションの提示が行われている。実店舗を持つという強みを活かし、店舗運営の効率化と買い物価値体験の向上をDXによって推し進めることで、新しいリテール価値のあり方を提案している。

NRF2020の活用

テクノロジーのリテール活用の最前線を知る

 ロボットやAI、クラウド、画像認識といった最新テクノロジーのリテールへの活用事例を目の当たりにできるのが最大の目玉。その事例は生活者の価値向上、SCMの最適化、店舗オペレーションの効率化と多岐にわたるため、店舗運営事業者はもちろん、リテール用の機器等の製造販売事業社にとっても、また製造業といった非リテール業界の方にとっても有効な知見を得ることができる。

スタートアップから未来の小売りの姿を見る

 NRFではリテールスタートアップの祭典としてInnovation Labが開催される。昨年は無人化・支払いフリーを実現する、画像認識と追跡行動技術を用いた商品認識技術や、自由に色などをカスタマイズできるプロジェクションマッピングを用いた商品ディスプレイなどの先進的な技術が展示されていた。こうした未来的な技術に触れ、構想を練ることができるのも大きな魅力の一つ。

著名企業や、有望な人材との交流でビジネスを拡大

 NRFでは世界的なリテール企業はもちろん、メガテック企業がこぞってブースを出展し、各種セッションにも登場する。また左記のように将来有望なスタートアップの経営者らも多く訪れるため、密な交流を図ることができる。こうした世界企業の方たちとの出会いによって刺激を受けたり発想を得たり、実際にビジネスの糸口を作ったりと、様々な形で活路を開くことができる。

オプショナルツアー内容

展示会視察を実りある情報収集の機会とするための企画。

海外展示会や先端テクノロジー・トレンドの有識者による会場内視察ツアー。
渡航前の事前説明会から、帰国後の事後報告会を提供。
希望者には有償にて、展示会の詳細レポートの作成・配布を行います。

現地ツアー担当会社について

現地会場内ツアーを実施するのは、マーケティング企画を行う株式会社ピィ.ピィ.コミュニケーションズ。

 

 主にIT・通信業界にむけたマーケティング活動支援を行う。独自の調査活動の一貫として、長年に渡り海外の主要テクノロジー展示会の視察を行っている。
【 海外展示会視察実績(一部) 】
CES(アメリカ)/NRF (アメリカ)/MWC(スペイン)/SXSW (アメリカ)/COMPUTEX TAIPEI (台湾) / Hannover Messe (ドイツ)/Milano Salone (イタリア)/CES Asia(中国)/MWC Shanghai(中国)/GITEX(UAE)/MWC LA(アメリカ)等

オプショナルツアー条件

スケジュール

■日程
 2020年01月13日(火)
■時間
 詳細はお問い合わせください。
■集合場所
 別途お知らせいたします。

条件

■最少催行人数
2名様(最大20名様/回)
■お申込み締め切り
2019年12月11日(水)
■会場
Jacob K. Javits Convention Center
https://www.javitscenter.com/
■ツアー実施事業者
株式会社ピイ.ピイ.コミュニケーションズ
https://www.ppcomm.jp/

オプショナルツアー代金

■オプショナルツアー代金
 250,000円(1名様)
※同一企業から2名様以上参加の場合は、200,000円(1名様)となります。
■オプショナルツアー代金に含まれないもの
・展示会入場チケット
・現地までの渡航費
・宿泊費
・飲食費